1. »

規約


『フエール』利用規約

第1条 (定義)

本規約において使用する用語の定義は、次の通りとします。

「本サービス」 株式会社ツーサイドアップが提供するレポート配信サービス「フエール」
「弊社」 株式会社ツーサイドアップ
「レポート」本サービスを利用することにより配信されるコンテンツ
「利用者」本サービスを利用し、レポートを公開、閲覧する個人、または組織、または法人

第2条 (責任及び注意義務について)

利用者は、自己の責任に基づき本サービスを利用するものとし、利用者が公開するレポートについて、全ての責任を負うものとします。
また、利用者は弊社に対し、他人の著作物を使用したことなどが原因で紛争、損害賠償の請求などが起こった場合の損害、責任について一切を免責するものとします。
また、利用者は弊社に対し、本サービスを利用した結果、いかなる損害が発生した場合についても一切を免責するものとします。
弊社は本サービスの運営について、必ずしも動作を保証するものではありません。

第3条 (禁止事項)

利用者の本サービスの利用にあたって弊社は以下の行為を禁止します。

利用者がこれらの禁止行為を行った場合、弊社は当該利用者の利用を停止し、弊社が被った損害の賠償を請求する場合があります。

・本規約に反する行為
・法律・規則・条令等の制定法に反する行為
・本サービスの仕組みや機能を使ったスパム行為
・本サービスで取得したメールアドレスの該当メルマガ以外で利用する行為
・本サービスのシステムに負荷を与える可能性のある一切の行為
・他人のメールアドレスでレポートを請求する行為
・ブラウザ以外のツールを使用しての利用
・IPアドレスの偽装行為
・日本国外からの利用
・過激な性描写、残酷な表現、犯罪を誘発する表現、差別表現など、公序良俗に反する行為や閲覧者に不快感を与える行為
・利用者以外の自然人・法人・団体・組織等の第3者に成りすます行為
・虚偽の情報を掲載し、閲覧者を欺く行為
・利用者以外の自然人・法人・団体・組織等の第3者の名誉や社会的信用を毀損したり、不快感や精神的な損害を与える行為
・閲覧者を含む利用者以外の自然人・法人・団体・組織等の第3者の個人情報の収集を行う行為
・利用者以外の自然人・法人・団体・組織等の第3者の所有する知的所有権を侵害する行為や、著作権の侵害を誘発する行為
・本サービスの運営を妨げる行為
・無限連鎖講およびマルチ商法、またはそれに類するもの、その恐れのあるもの、あるいは弊社が無限連鎖講およびマルチ商法、またはそれに類するもの、その恐れのあるものと判断する内容を掲載する行為
・児童ポルノ、またはそれに類する内容、あるいは弊社が児童ポルノに類すると判断する内容を掲載する行為
・性器露出画像、動画、あるいは性器を描写したデータ等、弊社が性器を描写した内容であると判断した内容を掲載する行為
・その他弊社が不適切であると判断する行為

第4条 (利用者のデータの保存について)

利用者は、自己の作成したレポートや取得した読者メールアドレス、その他のデータなどについて、自己の責任において保存するものとします。
弊社サーバー側では、これらのデータの保存内容について保証しないものとします。
また、利用者は弊社に対し、本サービスで保存するデータの消失やサーバーの稼動停止によりクレーム、紛争、損害賠償の請求などが起こった場合の損害、責任について一切を免責するものとします。

第5条 (本サービスの終了)

弊社は、本サービス及び本サービスの一部を終了することができるものとします。
また、本サービスを終了した場合に利用者に対して弊社は本サービスの終了に伴う損害、損失、その他の費用の賠償または補償を免れるものとします。

第6条 (レポートの公開について)

利用者が著作したレポートとそれに付随する説明文は当該レポートを著作した利用者に著作権が発生するものとします。
但し、宣伝、利用促進、マーケティング等を目的とし本サービスの著作物を使用する場合、利用者は弊社に対し、当該著作物を著作権法の規定に基づき無償利用することを期間無制限で非独占的に許諾し、かつ弊社及び弊社の指定する者に対し著作者人格権を行使しないものとします。

第7条 (規約の改訂について)

弊社は、法令等の制定、変更、廃止などの理由により、利用者への了解を得ることなく本規約を変更できるものとします。
この場合、変更後の規約は本サービスのWebサイト上に表示した時点より効力を生じるものとします。

第8条 (準拠法・裁判管轄)

本規約は、日本法に従って解釈され、弊社と利用者との紛争については、弊社の本社所在地を管轄する裁判所を第1審の専属的合意管轄裁判所とします。